サカナ暮らし – 石風呂

つらつら流れる日々を 日記に綴るような
知らない誰かに届けるような
感動したことや 悲しかったこと
伝えたくてただ仕方ない 仕方ない、それだけさ

くるくる回る暮らしを 言葉に紡ぐような
知ってるどこかを思い出すような
感動したことや 悲しかったこと
飲み込んだならそれを忘れない 忘れない、それだけさ

どこにも休む場所なんて 見当たりはしないような
泳ぎ続けてた日々だけど
それでもいつかはきっと 楽しくもなるはずだ
寂しげな君もこっちへおいで
こっちへおいで

不純な自分を騙してごめんね
昔を思い出し笑うんだ
嫌いなものは 嫌いと言えばよかった
それだけだなぁ

大抵のことは 笑って流してしまえる僕だけど
口を開けたまま ものを噛む少年は
いつか勢いにのって 殴りたいな

どこにも笑う場所なんて 見当たりはしないような
そんな会話に身を置いていると
耳の一部分が 千切れ飛びそうだ
それを防ぐため逃げたいよ あぁ、逃げたいよ

こんな物は僕には要らないな
そうやって捨ててきた色々が
なぜか今さらになって恋しいんだ
こっちへおいで

いつもいつも騙してごめんね
なぜだか素直になれないんだ
嫌いな人や好きな人ですら

大抵の場合は同じ態度さ
そんな貼りついた笑顔の下で
泣こうが喚こうが 誰も気づきゃしないさ
それはそうだ

魚みたいにユラユラ暮らすんだ
みんな寂しいんだったら こっちへおいで
全部を海へ溶かしてしまうような
それじゃだめだ

嫌いな人にゃ軽蔑の歌を
好きな人には愛の歌を
そんくらい素直に生きてもいいもんだ
それでいいんだ