たそがれマイ・ラブ — 知念里奈

今は夏 そばにあなたの匂い
しあわせな夢におぼれていたけれど
夕立ちが 白い稲妻つれて
悲しみ色の日ぐれにして行った

しびれた指 すべり落ちた
珈琲カップ 砕け散って
私はただ あなたの目を
言葉もなく 見つめるだけ

さだめといういたずらに
ひきさかれそうな この愛

今は冬 そばにあなたはいない
石畳 白く粉雪が舞い踊る
ひきさかれ 愛はかけらになって
それでも胸で熱さをなくさない

凍える手で ひろげて読む
手紙の文字が赤く燃えて
私はもう あなたの背に
もたれかかる夢を見てる

さだめといういたずらに
ひきさかれそうな この愛