ずっとそばで見守っているよ – 矢井田瞳

誰にも見せずに 乾いてゆく涙
窓越しに 遥か遠く 届かないままの理想像

波打つ 向かい風にもじっと耐えた夜
何よりも 強く光る 君だけの真実で

いつもそばで見つめているよ
その悔しさも 優しさから言えなかった言葉も
きっと今日という日の為だったね  きっと今日の為に

比べて 晒されて そんな日々に疲れて
それでも 錆びない 掴めそうで くたばらない

差し伸べようとした手を そっと私は隠す
強い自分になろうとしている 君を 信じているから

ずっとそばで見守っているよ
その諦めない心 世界が見つける時まで
そうさ 誰もがまだ 旅の途中
まだ旅の途中で

ずっとそばで見守っているよ
いつもそばで見つめているよ
その悔しさも 優しさから言えなかった言葉も
きっと今日という日の為だったね きっと今日の為に