夢のあとの祭 – 真空ホロウ

あの頃に戻れたら
もっとちゃんと準備をして
あの夜 破り捨てた夢に向かい
ひた走るだろう

気づけばティーンエイジャーの
成れの果て
気ぃ済むまでくだ巻いて
冠婚葬祭多くなって
現実ばっか見えてしまうな
何年ローンで家を買って
年一回ハワイだって?
あんたスゴイや 人生の覇者

みんな
カッコつけてたいの
あぶれたくないの
似たり寄ったりの主張が
てんてこ舞い
だけどさ
ギターを売ったあの日
ペンを置いたあの日
「記憶にございません」とか
兵ども夢の跡

やれ
凡人さんとはちがうって
尖り散らかしていた筈が
誰でも良いから認めてって
寝返っても
最早 後の祭り

対照的に過去の友は
知らぬ間にあれよあれよと
名が轟き 錦飾り
まるで僕の夢の如し

「今からだって遅くない」って
先人さんに言われたって
そんなんあんたにゃ分かるまいって
アナフィラキシー起こしてしまうわ
アカルイミライを信じ切って
年中無休 夢に向かっていた少年も
今じゃ脱け殻

ずっと
カッコつけてたいの
あぶれたくないの
似たり寄ったりの
主張じゃ足りないや
だからさ
ギターを買ったあの日
ペンを走らせた日
「記憶にございません」とか
兵ども恥を捨てな

全然なんも終わってない
先生 僕は変わってない
絶対効果の安定剤
そのファッション

全然なんも終わってない
先生 僕は変わってない
絶対効果の誘発剤
このパッション

みんな
カッコつけてたいの
あぶれたくないの
似たり寄ったりの主張が
てんてこ舞い
だけどさ
ギターを売ったあの日
ペンを置いたあの日
「記憶にございません」とか
兵ども夢を乞う