恋紬 – 真木ことみ

あなた恋しと 手鏡に
つぶやくそばから でる涙
耐えて忍べば 憎さに変わる
変わる分だけ 又惚れる
ほどきたくない 恋紬

色を競(きそ)って 咲く花も
小雨に打たれりゃ 辛かろう
わき目ふらずに 素足のままで
駈けて行きたい 今すぐに
離したくない 恋紬

筆(ふで)を何度も 持ち替えて
心に綴った 紙の束(たば)
抱いてください その手を広げ
髪が素肌が 淋しがる
結び直して 恋紬