running to heaven ふたりきり running to heaven果てしない地平線 駆け抜けていこう暗い部屋で膝を抱え過ごしたあの頃君が僕を救い出してくれたんだ 冷たい雨にも負けない強さくれたよね今かけがえのない人 to be with you 君がいるdon’t leave my side大地の向こうに 君と遠くへ running to heaven ふたりきり running to
雨上がりの空に 虹がかかる駆け出した心は 誰も止められない振り向けばそこに 君がいるから 悲しみに曇ってる 面差し笑顔に変えてあげたくて 虹を越えて 探しに行こうよ ふたりの夢への道標虹を越えて 想い伝えるよ さあ 瞳閉じて待っていて 広がる空の果て 高く遠く生まれてくる気持ち 君に届けたい見つめた瞳に 同じ輝き 悲しみに曇ってた 日々の思い出は白い雲の中 虹の向こう 何が見えるのか 恐れず走り続けるだけ虹
焦げたトースト くわえたままガードレール飛び越えて 目指すは Bus Stop 息をはずませて バスに乗り込むいつもの座席に 彼女の黒髪 love you don’t stop me もう止められないlove you I love you 君が好きなんだ love you don’t stop me もう止められないlove