ふたりは過去の関係別れを切り出したのは私それでもあなたは優しいよね恋人でもなく友達でもない なんでも言える関係つまらないことで笑い合えたりもする心があなたを許してた私にとって大切な存在 勝手にあなたのこと分かってる気になってた勝手にどこか私のモノみたいに思っていたそんなバカな私を気づかせた瞬間あなたが笑顔でふとこぼした 「俺好きな人ができた」 もしも叶うなら繋いでくれた手を払って背を向けごめんねも言えず立
白い吐息 赤い煉瓦道マフラー越しの横顔かじかむ指も 降り出した雪も寄り添う理由 街が キラキラ 灯っていく 季節運命 だと信じたい君 は誰のこと 思うの? お願い お願い そばに来て手を握って 抱きしめて言えない 言えない 想い伝えて冷たい 冷たい この雪で二人の世界 閉じ込めてもう 恋が 消えないように コートの袖 触れ合う度に繋げない手がもどかしい目が合う度に 高鳴る胸を止めようとしてる 雪が ハラハ
いつから2人こうなっちゃったんだろう電波の悪いフリ 気まずい時出る癖「久々会えて嬉しい」 なんて少しでも誤魔化せば この先を変えられるそんな気がして トボけて返したの 来るはずない返事を 待ちながら開くアルバム記念日に重ねた 右手 輝く指輪いつまでも繋いでいたかった さよなら さよなら 聞きたくはない まだ二度とない「好きだよ」を 期待しちゃってる ただ春の桜だって 夏の花火だって君以外 誰ともみたく
どうして 声かけてくるの? なんで私なのグラスも会話も こんなに並んでるのに 「休みはどうやって 過ごすの?」「映画? 俺も 大好きだよ」簡単なはずの Questions 答え見つからないの こっち向いて まだ来ないで期待してないわけじゃないけどまだわからない けど言われたいあなたから「可愛い」って Wanna get to know yaBut I don’t wanna show yaあなたの気持ちだけが見
「もういいよ」の本当の気持ちを何度も飲み込んで ただ黙ってる 「気づいて」「分かって」「抱きしめて」わがままなのかな?「ズルいよ」「何なの」「やっぱり嫌だよ」君のせいにしたいけど 「大嫌い」 言葉にするほどココロもクチビルも 君の笑顔隠してしまうの言えないよStay with me 全部嘘に思えてくるねこのまま他の男となんて..君は悲しくないでしょどうせ考えただけで最悪だぜ弱った心でrememberあれもこ
ぐちゃぐちゃの部屋 別々のソファ丸まって携帯見てるあなたわざとらしく笑う テレビが響くただ会いたくて来たわけじゃない 先週日曜 どこにいた?涙堪えて 震える声当然のように 知らない子の名前どうして私に 言えるの? 信じてたのに You lie you lie愛してたのに I cry I cryしがみついて 離れないでなんて今更言いたくないから Bye byeI don’t know why 忘れたいのに あの子のイン
愛してんよ音色 You’re my baby誰よりもずっとあなたでいてall right愛してんよ音色 You’re my baby2人深い世界でハイになる 気がつけば君はそばにいた寂しさ消してくれてた金曜の交差点も土砂降りの雨も君がいない日々なんか想像できないんだ 狭い部屋で見えない未来描いて君に身を任せ夜を踊り明かして憂鬱な帰り道 慰め合ったね信じてるのは君だけ 愛してんよ音色 You
ビルの谷間 潜り込んでいって 電車に押し込まれる人たち携帯の中 また愚痴るフリして 自慢しては競い合うブランドのバッグ 彼氏のスペック 誕生日プレゼント いいねの数身に纏う全てものさしにして 必死に生きてる 馬鹿みたい こうはなりたくないだけど自分を 持つほど強くない偏見ばっか 重ねた私は誰よりもずっと 醜かった This is my answer 間違いでもいい遠回りだって いくらでもするよ今は真っ暗なト
ソファの上 マスカラのついた顔 散らばったポテチはまるで私達誕生日にくれたバッグ いつもつけてたペアリング部屋にあった誰かのピアス もうただの昔話ね 枕抱きしめて泣きつかれなきゃ眠れなかった 私はもういない ありがとう Thank you babe目が覚めた I’m a Tiger Tiger後悔して もう遅いけど Cuz I’m a Tiger So hear meI
好きだよと 今日も言えないまま見送った 今まで一緒にいたのに会いたくて キミの好きなうたを繰り返し口ずさんだ 帰り道 長いまつげ 話すと歪む口元 たまに見せる気の抜けた表情会う度に 惹かれていくの 些細な全てにキミの気持ちが同じように 答えがここでありますようにはやる気持ち 抑えてまた 今夜も願ってる 好きだよと 今日も言えないまま見送った 今まで一緒にいたのにすぐに会いたくて キミの好きなうたを繰り
百万回の愛してるなんかよりもずっとずっと大切にするものがある飾らない真っ直ぐなキミの想い受け取れる私は とても幸せ者だね 友達の友達 たまたま行ったランチ相槌代わりコーヒー 飲んでばかり 無口なキミ冗談通じなくて その割に天然で変な人なのに もっと知りたくなってく 仕事も友達も大事で いっつも寝不足で笑うとくしゃっとなる顔がとても可愛いのお酒飲むと語りだすね 2人で描く未来会う度に好きになってく これ
流れてく写真の中懐かしい笑顔を見つける隣には知らない子それでも消せない思い出 やめとけばって誰かに言われたくらいできっぱり諦められてたらもう歩き出せるはずなのに あなたじゃなきゃ意味がないどこ行くのも何するのも楽しかった日々が焼き付いて消えないよ 真っ暗な私の世界をもう一度そばに来て 照らしてそのまま離さないでよ おそろいのスニーカーももう2人を繋げない消せないトークの奥寄りそったままなのに 会わなきゃ忘れ
2人の思い出 かき集めたならまた泣けてきちゃう 寂しさ溢れて最後の恋だと 信じて願ったあの日々にウソはなかった 希望 夢 明るい未来東京に持った大きな期待だけど現実は甘くなくて落ち葉見つめ 深く思い詰めてたそんなときにあなたと出会っていつもあなたに助けられてバイトが楽しみになって実はシフト被るように狙ってた スタンプ使いが妙にうまくてお化けも虫も受け付けなくてくしゃくしゃの笑顔が可愛くて眠れない夜はキ
赤と青のカップ 貸してくれたTシャツ2人の部屋に1人きり気に入ってつけてた 香水の香りがよく待ち合わせた駅でしたんだ すべて忘れられるなんて簡単に言わないでだって 今日さえ耐えられないほど辛いのに 初めてだった 大好きだった遊ばれたって いいって 感じてたけど本当は 信じてたんだ愛してくれるってどこにいるの抱きしめてよ寂しいよいくらバカって 言われたって まだ嫌いにはなれない My first heartb
最後に会った日 くれた手紙はかばんの奥に 押し込んだ2人の写真は 古い携帯の中見慣れた 景色が流れて 流れてく 不確かな 夢追いかけて何もかも 全部捨ててバカみたいな 私のことをどうか許してよ さようなら 大好きな人いつか 会える 日まで泣かないって 決めたから本当はずっと 大好きな人振り返んないで まだ goodbye, my love よく買ってくれた甘すぎるミルクティーも毎日使った駅のホームももう触れら
眩しい朝 ベッドの上鳴り響く時計を止めて 起きるもしあなたが いたのなら優しく起こしてくれるんだろうな 不器用に生きてくわたしをあなたは見守って くれてるの どうしてどうして 消えてしまったの?一人じゃまだ何も できないよ問いかけたって 答えは聞こえないままI’m missing you あなたを探してる 景色や匂いで ふと思い出す思い出がどんなに 微かでもあなたが教えて くれたことは深く刻まれ
どうせ この世界は僕が思うよりも残酷でいつからか期待すること怖がるようになった 君は こんな世界でどうして未来を信じられるの?巻き戻せない時の中で迷わずに歩けるの? 希望に満ちた明日なんてくだらないと 吐き捨てていたのに前向きすぎる君につられて少し笑えた ありがとう この胸の中伝えたい想いに気付いたんだありがとう ほんの少しだけ君といれば 素直になれる気がした今は まだうまく言えないよ簡単なはずなのに き
やっぱ よく寝れなかった君は まだ夢の中?待ち合わせ12時まで始まる カウントダウン普段は着ないフレアスカート君の好みに合えばいいな 甘すぎるラブゲーム 続け 永遠に そばに来て独り占め させてよ全部よそ見しないでなんてまだ言えないけど君のこと頭から離れないの Like a magicたった一つ 運命を信じさせて 初めて会った時から目が離せなかった憧れのあなたと もうすぐ 二人きり雑誌の通りに チークのせれ
また電話 誰から?わざわざ 部屋出る君ごめんねって わざとっぽい苦笑いに反吐が出そう あんたって いつだって嘘ばっか重ねてるよね履歴も 消して恥ずかしくないの? 笑える Goodbye baby もう終わりGoodbye baby 馬鹿みたいGoodbye baby 私じゃない誰かといつまでも 遊んでればいい not me 「愛してる」「君だけ」みんなにそれ言ってるんでしょ簡単に ついていくbitchesなんかと
今日も煙たい渋谷の街寄り添って笑う 恋人たち幸せそうに 見えていても本当は理想の押し付け合い喧嘩がやだって 距離置いたり喧嘩は愛情って 言ってみたり“あの人only” アピるくせに一ヶ月後 また別の彼 恋愛なんて 所詮そんなもんってひねくれてた 私はもう君に夢中でチャラくてもいい 年の差でもいい性別も関係ない 本気ならI just love you 愛を決めつけないでLove me crazy like I do大切
まだ鳴らないケータイ夜明けはもうすぐなのに涙、ため息、もういらない不安 消してほしいのに 余計なツイートして 無駄にインスタ開いて送り続けるメッセージ なんない既読自分に自信なんて 持てない どうしたってもう嫌 すぐにそばに来てOnly you どんなに怖くても どんなに弱くても壊れても 君となら 笑いあえるきっとこんな私だけど そばにいていつも信じてる いつも感じてる不器用な言葉を がむしゃらな想いを
「僕じゃ無理、どうせ…」悲劇のヒロイン演じんなって「あんたにわかるはずない」わかるわけない、ふざけんな 甘えか本気か まず態度でU gotta try right nowただ悩みこんで何が変わんの? Bravehearts 泣くなBravehearts 今は嘘だらけの 強さはいらない今までとおんなじルーティーンじゃ変われないBravehearts 叫ぼう 僕たちの未来を 言葉はblah blah blah 器用なの
All of them waiting in here for usHey yo, ready for me singing? till’
「一人取り残されたくない」「本音がいつまでも言えない」「あんなの嫌い 言いたいけど言えない」「夢、未来、まだ見つけらんない」「かわいい女の子になりたい」「自信持ちたくてつけまつげ」誰もが悩んで生きてる私も君もそう right? 悩んだ分だけ 僕らは強くなる意味ないもんはない 涙も苦しみも悩んだ分だけ 優しくなれるんだ弱さが強さを生み出すから 夢ばっか 見て過ごせやしない周りは 見えないほど暗い大好きな人
What’s up?It’s your boy Torion, MIREI We’re in hereLet’s go… What’s up, tell me what
戦い続ける 誰の為でもない自分に誓った約束だから負けてもいい 泣いてもいい扉開くの、今いつの日か 夢は叶うそう信じるの my way 恋人でもない あなたに何がわかるの?恋人でもwhy? わからない事ばかりなのに 競争社会 and I 目の前のランナーは輝いて自分の力で追いつくわ 強い想いで 戦い続ける 誰の為でもない自分に誓った約束だから負けてもいい 泣いてもいい扉開くの、今いつの日か 夢は叶うそう信じるの m
いつもは 指輪をはずしていたのにどうして 昨日は腕も組んでいたのあなたが待ち合わせ決めた場所なのに今日は久しぶり仕事で遅れそう 人には話せない 誰かに話したいどこかに行きたい あなたと行きたいふるえた指先 大切な思い出にしても それじゃ暮らせない 踊る君を見て恋がはじまってあなたの髪にふれ私ができること何だかわかった このままいつかは 終わっちゃうのかなちょっとだけゆとりがこのごろ持てない あの日 あの時
「元気?」「どうしたの?」「相談していい?」「相談ってなに?」「ごめんね」「いきなりごめん言わないで」「みんなとうまくいかないの」 「逃げてちゃダメだよ」否定できなくて落ち込むけど頑張って立ち向かう君のこと知ってるよ 素直になれない ネガティブ涙もう見たくないからカッコつけないで 言葉にして 強がらないでDear my friend 信じてる 世界中に叩かれても不器用だけれど まっすぐな笑顔みんな愛してるよ
最後まで笑顔と決めたのにゲート抜けてすぐ泣いちゃったね遠く小さくなってくbuilding can’t stop fly to the sky 強がって泣いてた唯一の理解者を手離したいつか君だけを 守るためもっと強くなる 光るイバラの未来へテイクオフキミの笑顔 My痛みも let goナミダの奥に深くしまって一歩踏み出すんだI don’t look back ‘cause 強さと弱さ全部教え
いつもうるさい 教室 宿題先生に 先輩 Of course I don’t mindOnly you and I しかもういらない待ってた 時間通り叫ぶチャイム 君からのメッセージチェックしてすぐリプライこの時間だけこぼれる本当のbig smileでも一番言いたかったことだけは 絶対言えない Try try try 伝えたい 弱いmyselfCry cry