かなりや — 由紀さおり

唄を忘れた 金絲雀(かなりや)は
後の山に 棄てましょか
いえいえそれは なりませぬ

唄を忘れた 金絲雀は
背戸の小藪に 埋めましょか
いえいえそれも なりませぬ

唄を忘れた 金絲雀は
柳の鞭で ぶちましょか
いえいえそれは かわいそう

唄を忘れた 金絲雀は
象牙の船に 銀の櫂
月夜の海に 浮かべれば
忘れた唄を おもいだす