雪虫の里 – 由紀さおり・安田祥子

雪虫ふわり ふわふわり
夕日にきらり きらきらり

遠くの山は もう綿雪帽子(わたゆきぼうし)
炭焼く煙 空へとのぼってる
白鳥たちも ロシアから着いたよ
もうすぐ雪が 降りてくる里まで
ふわり きらり 雪虫のダンス
きらり ふわり 柿の実赤いよ
雪虫舞えば すぐに冬
私の好きな 銀の冬

北風の中 父さん薪を切る
漬物樽(つけものだる)を 母さん洗ってる
モズもカケスも あわてて冬じたく
つめたいほっぺた そろそろリンゴ色
ふわり きらり 雪虫のダンス
きらり ふわり 踊る息白い
雪虫ふえる 空いっぱい
今年は雪が 多い冬

雪虫舞えば すぐに冬
私の好きな 銀の冬
雪虫ふわり ふわふわり
夕日にきらり きらきらり