赤とんぼ — 由紀さおり・安田祥子

夕焼小焼の 赤とんぼ
負われて見たのは いつの日か

山の畑の 桑の実を
小籠(こかご)につんだは まぼろしか

十五でねえやは 嫁に行き
お里のたよりも たえはてた

夕焼小焼の 赤とんぼ
とまっているよ 竿の先