冬の夜 — 由紀さおり・安田祥子

灯火ちかく 衣(きぬ)縫う母は
春の遊びの楽しさ語る
居ならぶ子どもは指を折りつゝ
日数かぞえて 喜び勇む
囲炉裏(いろり)火は とーろ とーろ
外は吹雪

囲炉裏のはたに 縄なう父は
過ぎし昔の想い出語る
居ならぶ子どもはねむさ忘れて
耳を傾け こぶしを握る
囲炉裏火は とーろ とーろ
外は吹雪