船の汽笛が ポーポッ波にくだけて ポーポッおんな嫌いの 錨がにくいあんたを乗せて 行っちゃった好きよ 好きよ好きよポッポー船 また来ておくれ… 呼んでいるのに ポーポッ笑顔ひとつで ポーポッ弱い女は また泣かされて鴎と待つのが おちなのよ好きよ 好きよ好きよポッポー船 また来ておくれ… 三月たったら ポーポッきっと来るよと ポーポッきまり文句の 波止場の別れ最後のテープも 切れちゃった好きよ 好きよ好
笑って死んだ 父がいた黙って耐えた 母もいたあれから春の 花が咲きあれから秋の 風が吹きみぞれのなかへ 遠ざかる昭和よさらば ありがとう みんなの中の一人だと思えた頃の 懐かしさ流れる時は 人を変え流れる川は 街を変え淋しさ胸に つもるとも昭和よさらば ありがとう 引揚船を待ちながら逢えずに逝った 人もいた夏草茂る 焼跡で再出発を
親子三代 昭和の産(うま)れ共に語ろう 昔と現代(いま)をふりかえれば よみがえる青春の 若い血が時代遅れと 笑われながら…… 未来(あす)を夢見る 若者達が賭けた生命(いのち)に 祈りをこめて生きるために 明け暮れた青春の 想い出も現代の若者(おまえ)じゃ わかりはしない…… 現代(いま)も他国(どこか)で 生きてるならば早く帰(き)てくれ 故郷(ふるさと)たずね国のために 燃えつきた青春の 傷あと
私があなたに ほれたのはちょうど 十九の春でした今さら離縁と 言うならばもとの十九に しておくれ もとの十九に するならば庭の枯木を 見てごらん枯木に花が 咲いたなら十九にするのも やすけれど みすて心が あるならば早くお知らせ 下さいね年も若く あるうちに思い残すな 明日の花 一銭二銭の 葉書さえ千里万里と 旅をする同じコザ市に 住みながらあえぬ吾が身の せつなさよ 主さん主さんと 呼んだとて主さんにゃ
咲いて名もない花がある散って名を成す花もあるああ この世には咲いて一生 散らぬ花もあるそれが兄 それが兄 百年の兄永遠に微笑め 百年の兄 海を飛べない 鳥がいる川を飛べない 鳥もいるああ この空に何処の空も 翔べる鳥がいるそれが兄 それが兄 百年の兄永遠に翔け 百年の兄 空に真っ赤な 十字星愛と希望と
花は花であるように人にそれぞれ運命あり肩のちからを抜いたまま人生悠遊 時代は流れて 風が激しく謳う夜は涙おさえて耐えて待つやがて陽ざしにつつまれて人生悠遊 時代よ静かに 夢を追いかけ若い日の命燃やしたときもある悔いることなくあるがまま人生悠遊 時代は移りて 人は人とのふれあいでこころ優しくなるという未来を語ろうおもいきり人生悠遊 時代を見つめて 人生悠遊 時代を見つめて
春まだ浅き 戦線の古城にかおる 梅の花せめて一輪(いちりん) 母上に便りに秘めて 送ろじゃないか 覚悟をきめた 吾が身でも梅が香(か)むせぶ 春の夜は戦(いくさ)忘れて ひとときを語れば戦友(とも)よ 愉快じゃないか 明日(あした)出てゆく 前線で何(いず)れが華(はな)と 散ろうとて武士の誉じゃ 白梅を戦闘帽(ぼうし)にさして 行こうじゃないか
古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいたいつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔想い出遠くあせてもおもかげ探して よみがえる日は 涙そうそう 一番星に祈る それが私のくせになり夕暮れに見上げる空 心いっぱいあなた探す悲しみにも 喜びにも おもうあの笑顔あなたの場所から私が見えたら きっといつか 会えると信じ 生きてゆく 晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔想い
雨は止んだに晴れたのに娘船頭さん なぜ泣くのひとり暮しが 哀しいか旅のお方が 恋しいか 潮来出島に 咲く花はうわさばかりで 散るそうなおなじ流れを ゆく身なら泣いておやりよ 真菰月 涙さらりと水の上捨てて ひと節潮来節肩にまん丸 月のかげ娘船頭さんは 唄で行く
あれを御覧と 指差すかたに利根の流れを ながれ月昔 笑うて 眺めた月も今日は今日は 涙の顔で見る 愚痴じゃなけれど 世が世であれば殿の招きの 月見酒男 平手と もてはやされて今じゃ今じゃ 浮世を三度笠 もとをただせば 侍そだち腕は自慢の 千葉仕込み何が不足で 大利根ぐらし故郷(くに)じゃ故郷(くに)じゃ妹が待つものを
肩で風切る マドロスさんに白いかもめが ちょいとささやいた港むすめに 惚れるじゃないよ惚れりゃ出船が ちょいと辛くなる 粋なパイプの マドロスさんに白いかもめが ちょいとささやいた誰が情けの ほろ酔いきげん襟の口紅(ルージュ)が ちょいと気にかかる 歌も陽気な マドロスさんに白いかもめが ちょいとささやいた恋にゃ泣いても 意地には泣かぬうでの錨を ちょいと見せとくれ
真帆片帆 歌をのせて通うふるさとの小島よ燈台の岬よ白砂に 残る思い出のいまも仄(ほの)かにさざなみは さざなみは胸をゆするよ 漁火(いさりび)の 遠く近くゆるゝはるかなる小島よ燈台のわが家よなつかしき 父のまた母の膝はゆりかごいつの日も いつの日も夢をさそうよ 歳ふりて 星に月にしのぶむらさきの小島よ燈台の灯よそよ風の 甘き調べにも 想いあふれて流れくる 流れくる熱き泪よ
銅鑼が鳴るさえ 切ないものを雨の出船は なお哀し泣くな小島の いとしい娘よ晴れて逢う日は あるものを島に鴎の 群れ飛ぶ頃は便り持てゆく かよい船 待つ身つらかろ 一二三月君の心の いじらしさ都通いも 潮路に馴れて帰る小島の なつかしさ君の愛情に 心の謎も解けて嬉しい かよい船
名残りつきない 果てしない別れ出船の 銅鑼(かね)が鳴る思いなおして あきらめて夢は汐路に すてて行く さようならよの 一言は男なりゃこそ 強く云う肩をたたいて にっこりと泣くのじゃないよは 胸の内 希望(のぞみ)はるかな 波の背に誓う心も 君故させめて時節の 来る迄は故郷(くに)で便りを 待つがよい
雨々 雨だよやけに降りゃがる今日で幾日かどしゃ降りつゞきしゃくでカストリ パイ一(いち)いけばからの胃のふに じんとしみ渡る 雨々 雨だよお入りよおねえちゃん空をにらんだって止みっこなしさどうせあぶれた うらぶれどうし飲んでくだ巻きゃ いくらか晴れる 雨々 雨だよぐしょ濡れの屋台くされのれんなんか未練はねえが暗い露地裏 ガタビシャ長屋思や離せぬ このさかづきさ
いつのまにか 冬が過ぎ夏も過ぎて 一年人は誰も 流れのままに 時間(とき)を行く苦しみも 哀しみも来るはずの 幸せの為への試練あゝ人生の船はヨーソロ波の瀬に 身体(み)をまかせ いつのまにか 過ぎし日の想い出 遠く近くありし日の 友と語るは 夢の中いくつかの喜びは来るはずの苦しみに耐える力あゝ人生の船はヨーソロ星をたよりに ヨーソロ ヨーソロ
小島離れりゃ 船唄で今日も暮れるか 海の上いつも俺いらは 波まくらひとり船頭で くらすのさ 何が恋しゅて 浜千鳥小松がくれに 呼ぶのかよ星も綺麗な 夜じゃないかなまじ見せるな 未練気を 明日(あす)は明日(あした)の 風が吹く波の浮世に 一人ものならば千鳥よ この俺と唄を仲間に くらそうよ
ゆらゆら ゆうなゆうなの花はさやさや風のささやきに色香もそまるよゆら ゆら ゆら ゆらゆら ゆうなゆうなの花はしっとり露につつまれて色香もぬれるよゆら ゆら ゆら ゆらゆら ゆうなゆうなの花はおぼろの月にいだかれて色香もにおうよゆら ゆら ゆら
潮の香りに 素肌を染めりゃ恋を知るのも 早いもの南国育ちの 夢見る花は胸のほのおと 燃えて咲くヤレでぃぐぬ花 ヤレでぃぐぬ花 島は若夏 サバニに乗せて慕う想いを 届けたい南国育ちの 心をこめて今宵織りなす 芭蕉布はヤレだれのため ヤレだれのため 一夜情の あなたを想いむせび泣くよな 沖つ風南国育ちの 弾く三絃はいとしニーセ達の 帰り待つヤレ恋の歌 ヤレ恋の歌 ゆれる面影 いざり火遠く大漁知らせる 南風南
長き黒髪に 唇よせればかすかにゆれる 花の薫りよ月蒼き 街路樹の下に重なる影の ロマンスあゝこの胸に 愛しき人よ夢のままの 時よ遥かに 頬にこぼれるは 真珠の涙か哀しき逢瀬 夜露にぬれて胸熱き 抱きしめる指に伝わる愛の トレモロあゝこの胸に 切なき人よ夢のままの 時よ静かに あゝこの胸に 愛しき人よ夢のままの 時よ遥かに
情け知らずと わらわば笑えひとにゃ見せない 男の泪どうせ俺らは 玄海灘の波に浮寝の かもめ鳥 紅い灯かげの グラスに浮ぶ影が切ない 夜更けのキャバレー酔うて歌えど 晴れない胸はドラよお前が 知るばかり 嵐吹きまく 玄海越えて男船乗り 往く道ゃひとつ雲の切間(きれま)に キラリと光る星がたよりの 人生さ
赤い蘇鉄の 実も熟れる頃加那も年頃 加那も年頃大島育ち 黒潮黒髪(くるしゅくるかみ) 女身愛(うなぐみぬかな)しゃ想い真胸(まむね)に 想い真胸に織(お)る島紬 朝は北風(にしかぜ) 夜は南風沖の立神ゃ 沖の立神ゃまた片瀬波 夜業(よなべ)おさおさ 織る筬(おさ)の音せめて通わそ せめて通わそこの胸添えて
世間が俺をみとめたならば必ずお前を 迎えに来るよ泣いちゃいけない男を賭けて波を乗り切る 出世船 生まれた時ははだかじゃないか一から出直す 人生航路捨てやしないよお前の島を遠くなるけど 出世船 死ぬ気でやれば希望の花もやがては 咲くだろうお前と俺にせめて笑顔で 桟橋下りて両手振れふれ 出世船
波の背の背に ゆられてゆれて月の潮路の かえり船霞む故国よ 小島の沖じゃ夢もわびしく よみがえる 捨てた未練が 未練となって今も昔の 切なさよ瞼合わせりゃ 瞼にしみる霧の波止場の 銅鑼(どら)の音 熱い涙も 故国に着けば嬉し涙と 変わるだろ鴎行くなら 男の心せめてあの娘に 伝えてよ
二見乙女(みやらび)やー花ならば蕾咲かすも散らすも あなたまかせョー 小指からめればー心までからむ濡れたこの肌が 忘れられぬョー めぐり逢わなけりゃー嘆きも知らぬに今朝の別れ歌 涙の歌ョー 連れて行かぬならー何故死ねと言わぬ二見乙女の 夢を散らしョー わたしを見捨ててー二見を出る時ゃ山が邪魔をする 月も曇るョー 一夜二夜でもー命を燃やせば恋の残り火が 三年消えぬョー
名瀬の港の 夕波月に誰を慕うて 千鳥よ啼くかカナシャルチュヌ ナチカシャヤ奄美娘は 芭蕉の蔭で泣いて内地の 加那を加那を偲ぶ 定期船なら 鹿児島通いなぜに届かぬ 内地の便りカナシャルチュヌ ナチカシャヤ雨は娘のせつない涙立神沖の 岬(はな)に岬に降る 恋の蛇皮線 情の鼓加那と唄うた 奄美の小唄カナシャルチュヌ ナチカシャヤあの夜偲んで 黒髪ぬらしゃ百合が散る散る 白い白い百合
十八の くろかみをほどかせた あなたよ旅さきの 慰めか泣かされて また春がゆく 片だより 書きました指先も やつれてくちずさむ 恋うたを潮風にのせ 届けたい やるせない 島の夜月冴えて ねむれずこがれ飛ぶ 浜ちどり死ぬよりも なお哀しかろ 夢みれば 夢に泣きいとほしい あなたよ島つむぎ 織りながらいつか来る船 待つわたし
泡盛のうまれたくにを 知ってるかいウチナーとも うるま島とも言うんだよホラ・ルルル・ホラサンゴ花咲く あの島だよ銀色の渚に太陽 ふりそそぎ恋するには もってこいの島だよ 三絃(さんしん)と歌のくにを 知ってるかいうるま島 琉球島とも言うんだよホラ・ルルル・ホラデイゴの木のなる あの島だよ常夏につらなる山々 空青くうさ晴らしに もってこいの島だよ 紅型(びんがた)とおどりのくにを 知ってるかい琉球とも 
波に夕日を 大きく染めて名瀬は日暮れる かもめは帰るわしも帰ろう あの島へ奄美恋しや なつかしや 幼な馴染みの 面影追えばぬれて優しく 黒髪におうきっと抱こうよ またの日は奄美恋しや なつかしや 母が丹精の 大島つむぎ頬にあてれば 涙がにじむせめて歌おうよ 島ぶしを奄美恋しや なつかしや
広い宇宙の片隅で独りぽっちじゃ寂しかろうこんなに小さなお前の事だものお母さんにも会いたかろうヘイヨー泣くなよーヘイヨー愛しゃ地球の子守歌 雲の切れ間に尾を引いてお前呼ぶような流れ星ため息一つで吹き飛ぶ人の世をなんで慕ってくれるのかヘイヨー泣くなよーヘイヨー愛しゃ地球の子守歌 月の浜辺に添い寝してなでてあげようほっぺたをこの子にゃまばたき一つの人生させめて唄おうよ子守歌ヘイヨー泣くなよーヘイヨー愛しゃ地