優しい夢だけをみて – 田村芽実

ねぇ青過ぎる 空の色が 悲しい
まだ君がいた日々 続いてるようで…

皮が軋む ソファーの音
微かに 確かに
触れてた 温もり

You 眠れない夜に愛を
晴れた朝には歌を
きっと贈るから Promise you
どんなに離れていても
この手が届かなくても
優しい夢だけをみて

ねぇ目覚めても 何も 変わらない部屋で
静寂の隙間に 君の気配を探した

終わりのない 愛しさはそう
孤独に 変わると
初めて 気づくの

You 寂しげな夕暮れに
温かなミルクのような
微笑みを溶かし Promise you
涙に濡れぬように
もう傷つかぬように
優しい夢だけをみて

君と出会って
寂しささえ知らずに
過ごしてきた 時間がきっと

私が生きる
時間の中 輝く
掛け替えのない宝石 I Miss you

眠れない夜に愛を
晴れた朝には歌を
きっと贈るから Promise you
どんなに離れていても
この手が届かなくても
優しい夢だけをみて