Rest in a Stroke – 田所あずさ

生まれたての陽だまり 虹色に揺れて
隣で伸びる君も 目を細めてる
二人同じ絵の中にいる 仕草、軌跡、ストローク

(君とのリズムが 心地いいから)
周りが望むように ノレないこともある
(うれしさ半分 困ってもいるんだよ)
代えのない わたしでいられるから
照れるね時々 肌が色づく
(Go-Slow Day)

乱反射する 眩しい光の
どこかで二人 落ち合おうね
秘密の未来が とってあるんだ
悲しみが忍び込む ことのない場所に

生まれたての陽だまり 時間を留めて
触れる視線すべてが やさしい韻を踏む
まるく愛しい風がくすぐる 何について話そう

(ここのリズムがわたしを満たすの)
一人でいるときも 飛ばされないように
(爪を噛むように 言葉を落としてたの)
わたしのほんとうを 伝えるから
焦らなくたっていい 声が聴こえる
(Go-Slow Day)

続くランウェイ 迷子になっても
わたしの中に 居場所がある
秘密の未来が とってあるんだ
気付かれないように

生きてく翼 見えないところで
君が願いを かけてくれる
冷たい嵐に 掻き混ぜられて
悲しみが舞い上がる ことの無いように

(君とのリズムが 心地いいから)
周りが望むように ノレないこともある
(困ったフリで 眉を下げたの)
可笑しくて 跳ねた 影が

溶け合う陽だまり 何時ものように

乱反射する 眩しい光の
どこかで二人 落ち合おうね
秘密の未来が とってあるんだ
気付かれないように

生きてく翼 見えないところで
君が願いを かけてくれる
冷たい嵐に 掻き混ぜられて
悲しみが舞い上がる ことのないように