もしも誰かが私を好きだと言ったら私は悪い子よって答えるわ昔 昔の 昔の話だけれど私は良い子ねって 言われたわ名前は幸子 幸せって書いて 幸子 だけどあなたが私を本当にすきならば愛しているよって 電話して昔 昔の 昔の話だけれど私は悪い人に だまされた名前は幸子 幸せって書いて 幸子 もしも私があなたと結婚できたなら私は良い子ねって 言われるわ昔 昔の 昔の話だけれどおみくじに大吉って でていたわ名前は
何も言わず 見つめあえばなぜか不思議に気持ちがわかるそれを人は愛と名付けそっと大事に育ててゆく 同じ時間(とき)のなか 出逢えたことに意味を探すのはもうやめよう あなたが微笑(わら)う それだけで嬉しく思う 私がいて小さな声で呼びかける世界でひとつ 愛しさの名前 伝えたくて伝わらないいらだちばかりぶつけあうのも胸の奥の深い場所にいつか指先届くために 同じ空の下 寄り添うように生きていることが奇跡だから あな