I know – 環ROY

ひびが入ってた指 握れなくて
出来事たちの意味 結べなくて
忘れてたことすら忘れてた
忘れたほうがいいのかも知れない
座って待った 白い服 被膜は透明
ペンでカードに名前を書き込んだ光景
二色のスリッパをかたして
車乗り込め おかし買ってもらえ
見てた 何度も起こしたのだろう
雨戸の内側にはガラス窓
死のいとこのように眠りにつくことが
できたら安心させられたろ
ただの偶然でしょう
答え合わせと思えたなら喉元は過ぎたぜ
街の中でいまもたまにすれ違うな

俺は知ってる おまえも知ってる
誰も知らないってことも知ってる
けど俺ら知ってる おれらは知ってる

忘れてたほうがいいのかも知れない
いまだからいった言葉
掠れてた音ばかりで見えない
みんなと同じ場所 ここだ
原風景は身体だ 熱を帯びた肌の内側は骨だ
まぶたをはらした 自転車またがる
イヤホンからはラップ 光かさなる
映せないよ 鏡 かすめる
八つ当たり隠す 灯りはつけず
海でただ言いたかったこと思い出した
シャワーで洗い流すだけ またいこっか
案じてる表情 続いてる街灯
やっぱ おもいっきり覚えていただろう
街の中でいまもたまにすれ違うな