To be drown in the moon. – 珠麟-しゅりん-

軟い夜風が背中を撫で
ふわり目覚めた孤独な部屋の隅

夢は途切れて、時計を眺めて。
音を流して、ワインを含んだ。

ゆらゆら 揺れるカーテンの
隙間から 甘い囁き
私を包む柔らかいその光

それは
触れる事の出来ない
不思議な引力
今すぐに逢いに行くわ
無我夢中で飛び出した
淡い恋心。

せわしなく通り過ぎる風
冷たく感じた不安な深夜2時

こんな時間に行くあても無いわ
辿り着いたいつものブランコ

その時声をかけて来た彼は?
前にもこうしておしゃべりした暖かい日の記憶

そして
2人恋に落ちたわ。満月の夜は
惹かれ合う儘にただ 特別な口づけを数え続ける

明日の夜も逢えるかしら?
その姿が欠ける前に
そうね 貴方。

キラリ光る眼差し
罪深き ルナティック

ずっと眺めて居たいわ
近くて遠い海に溺れ続ける。

特別な満ち欠けに
溺れ続ける
求め続ける。