花が花であるように雑草(くさ)が雑草であるように撥ね付ける意味さえない 運命(さだめ)さ誰もそれを 選べない恐れや甘さは捨てた過去 越えるべき血筋のもとこの槍が 定めた標的(まと)オレは 上に立つ者として生まれてきた 押し寄せる 修羅の嵐雷をあびせ オレが駆け抜ける遥か風 運べこの名前(な)天賦を纏う この響きを 蝶が蝶であるように蟻が蟻であるようにそれぞれの舞台がある 集団(かたまり)前に進め 駒と