銀色の翼ペガサスは胸の奥そっと目を覚ます果てしない夢の地平線奮い起ち遠く見つめてる 静かなる情熱は 沈まない太陽 栄光をいま 掴みとる風になれ秘めた おもい 抱いて 疾走(はし)れ積み重ねた経験の確かさでもっと つよく もっと はやく 飛べ フィールドに描くイメージはしなやかにそして鮮やかにあふれ出す闘志握りしめ白い夜駈ける白の騎士 孤高なるプライドは 闇を裂く太陽 栄光はいま 咲き誇る花になれ胸の 渇き