気づいていたホントの気持ちを 伝えるのがとても恐かった言えずにいた一言を いますぐに君へと届けたい 泣き出しそうな夕暮れ眺めながら強くなる風の中で まだ立ち尽くしてる 溢れそうな人波 だけど気がつけば君の背中ただ探してた 突然いま一粒の雪が 私のこの頬に落ちてきた開いてみた掌で 儚く溶けていく消えていく 雲に隠れた 白い月が 不安な心照らしてる闇にかすんだ 道の先の どこかにきっと君がいる いつも気の合う仲
Hey My Boyずっとそばにいてキミとならただ素直になれる Everydayときめいているの今までの誰よりずっとアイシテル もう二度と恋なんて出来ないと想ってた私の心に 寄り添って「ちょっと寒いね」って貸してくれたパーカーこんなに優しく包むから ねぇ手と手をつなぎ微笑みあえる何気ない時が特別だって想えるのそうこのままずっとキミとふたりで明日を未来を描きたい Hey My Boy逢えない夜にも不思議とねもう不安
さよならしてあげるよ今も好きだけれどこれ以上 あなたを苦しめたくない少しずつ失くすよりも想い出にしたいの懐かしさもない恋にしたくない…だから、もう 呆れながら つい吹き出したっけ迎えに行った朝焼けの大通り金欠の後輩に全額あげちゃって夜通し歩き 帰って来た あなた あの日も寄ったファミレスも もう今はただの駐車場(パーキング)緩い坂下り時の三叉(さんさ)路(ろ)に さしかかった2人 さよならしてあげるよ今も好きだけれ
はばたけ悲しみの翼 ヤンダ夜を突き抜けて自由な空へ I can fly away 傷ついた羽をたたんで いつまでもah動けないふり? I know 笑顔もぬくもりも 幻なんだIt’s so 心の束縛も 解けますように 雨のち虹を追いかけて ずっと遠く飛び立とうまだ見た事ない世界へはばたけ悲しみの翼 ヤンダ夜を突き抜けて自由な空へ I can fly away 寄り添ってささやきあった 叶わないah夢ばかり I k
冷めたハーブ・ティーまたいつもの3人今日も斜め前に座ったカフェ [You’re my love]右頬が熱い[You’re my love]あなたが好き日毎つのる想いを胸に秘めて半年 あなたは親友の彼氏。彼女は私の正面あなたの肩にもたれてとても幸せそうで…思わず嘘をついていた。「彼氏ができそう」なんて「今度紹介するね」と、笑ってみせた いつも悩み相談した 彼女に絶対話せないんだね 初めて [Se
ゆらり 桜舞う坂道で恋に落ちた僕のハート君と会ったのも桜舞う日この先の分かれ道それぞれの夢を見て春の風がなびくままに行こう 大きめなブレザーまとう君の後姿見ていた「どうしよう。。。」意識しちゃうこの胸の音切なくて そっとそばにいて欲しかった ゆらり 桜舞う坂道で恋に落ちた僕のハート君と会ったのも桜舞う日この先の分かれ道それぞれの夢を見て春の風がなびくままに行こう in my life time u’
冷たい雨が心を濡らした君はいない 色褪せてくんだもしも願いが叶うなら もう迷わないで 会いにいくよ 君の面影振り払うようにねきっと僕らは繋がってた 信じてるよ 君の涙に映ってたあの日の夢の中のよう何度でも何度でも答えを探してるの(I need to know the reason)君の瞳は数えてた2人の未来の確率幼すぎた僕は見えないままで(I didn’t know why) 冴えない日々が教えてくれたもの君
見上げた空に向かって つよがりをつぶやいてみるうまく文字にできないな こんな気持ち ねぇ、いつかした約束を覚えてる? 改札口の向こうで ただ手を振った君の笑顔忘れない見慣れてたホームも出発のベルも花びら舞う強い風も目を閉じれば あの日のまま会える愛しい人よ 今涙あふれだす 夕暮れのメトロに乗って 窓越しに問いかけるねぇ、神様 私らしくいれている? 変わってゆく街の流れと 変わることない君への想い東京駅降り
伝えたいことはわかっているのに 伝わらない何かを持てあましてる僕のこの想いを過去にしないで愛したい 愛したい 愛したりない ほかに何も言えないよ もしも願いかなうなら 100のメモリー ゼロにしたいよ時はいつも駆け足で 僕の声は届かない 初めてのキスよりも 昨日が遠く感じる通いあう心ふたつ どこで離れたんだろう? 伝えたいことはわかっているのに 伝わらない何かに戸惑うばかり錆びかけた時間(とき)の 針を戻
一人で膝抱えては 淋しさに負けそうな夜にはね気付けばいつもあなたは すぐ側にいてくれていたよね ありがとうただ伝えたいよ 心からあなたに届けたいありがとう届いていますか? この声の限り何度だって (お前とおったらおもろいわ どこのどいつもかなわんわ)いつまでもね 側に居てほしいから(お前とおったらおもろいわ どこのどいつもかなわんわ)離さないでねこの手だけは(お前とおったらおもろいわ どこのどいつもか
上手い言葉 浅く広くばらまいては月が溶ける頃にはもう 消えてくあなたAh 偽りの囁きにAh 紅くなってしまう華のような私の心 It’s magic魔法かかって その気になって踊らされてるだけでもいい気持ち悟って 甘い海で沈めて…押し迫る情熱を声に出して私から手渡ししたくはないけど はまってくあなたの方へ CoolでTaughな素振り ふりまくあなた息つく間もなく ずっと泳ぎまわるAh 罠とわかってい
なんて顔よ こんな時間に呼び出して泣いてないで 話は聞くから ねぇ ウォータープルーフのマスカラ 台無しになってるよ気が済むまで凹(へこ)んだら とりあえず笑う…でしょ My friend! そうどんな時も そばにいるからねBest friend! そういつだって 大切な友達だよMy friend! 今日は朝まで 語り明かさなきゃBest friend! そう二人きり めいっぱい 弾けちゃおうよ 彼氏よりも 仕
二人で会うなら 私にも言ってよ疑うつもりは 全然ないのに 迷ってる態度なんて 見たくはないのなんでもないならちゃんと 言い訳くらい聞くよ 願い星今夜 誰かに微笑むの?私を見つめていてこんなになるなら 何もないままで良かったのかな気づかないフリで 待っていたらいつか戻ってきてくれるの?黙ってられないよ 問い詰めそうだよ終わりたくない wish upon a star wish upon a starwish upon a s
Happy Forever 二人なら 哀しみは 半分ずつSmiling Forever 二人なら 喜びは 二倍だから トキメキ信じてつないだぬくもり二人は始まる未来を始める 友達に囲まれてはにかむ二人が素敵 Happy Forever しあわせに 向かい合う 二人でいてSmiling Forever 微笑みを いつまでも 忘れないで 素直なココロをほどいて見せあう信じる力がひとつに重なる 君のしあわせな姿なんだかと
今と同じ表情のまま微笑んでそう願っているから「またね」 あの時 泣いたりしたのはね寂しさや悲しさじゃなくて確かな言葉を君に 伝えられなかったから 今までに私の為に 笑ってくれた人は居たけどさ私の為に泣いてくれたのは 君一人だけだよ だから 君が遠く離れていく先でも どうか沢山の愛に包まれて今と同じ表情のまま微笑んで そう願っているから 「またね」 この先 例えば愛しさに 包まれるそんな日が来たら一番最初に
Sunday Monday このままじゃつまらないTuesday Wednesday 愛してもう止まらないThursday Friday つかまえてわからない?いつもとなりにいたい 何回だって繰り返し夢見たい限界じゃない? 駆け引きはもういらない大胆になってもっと知りたいじゃない別に特別じゃない 会いたい気持ちは どこまで どこまで?振り向いたっていいじゃない素直な瞳で いつだって 抱きしめあいたいな GIV
Secret… Secret…I’m a Getaway I’m a Getaway Secret… Secret…Make a Getaway Make a Getaway Secret… Secret… I’m a Getaway I’m
あなたが誕生した事沢山の人が喜んでくれたでしょう?今も変わらずその人達や出会った人達は側であなたの記念日を祝ってくれるわ 一人だなんて思わないでいつも見守って力になってくれる人が居る出会いも別れもあり、幸せも辛いときもあるだからこそ今のあなたになった胸を張って新しいスタートをきってほしい これからの人生なんて誰も決められないあなたが作り出せるストーリーだからたまには止まって戻ってまた進んで色々な何かを
どきゅーん ずきゅーん胸撃つ まなざしはかなり挑発的な奴だ目立つんだ Party ごきげんっ!まぶい まるい胸には たくらみがかなりあふれてるよな奴だDangerなLady ごきげんだぜっ! Nothing but Something もとめてる実は愛されたいみんな同じ気持ちで踊るthru da night なんてこった かなりはまってる朝と帰りのラッシュが死ぬほどきらいな俺そのくせこんなふうにひしめきあうクラ
時は一瞬ごとに 僕たちを生まれ変わらせている無限にある新しい自分 探しに行こうよ ふと気がついたら平気で笑えてたもうあの日々を 痛みだなんて思ったりしない 乗り越えると 決めなくたって 毎日を生きてゆけばいい流れる日に 背中押されて 自然に足は前に進む 時は一瞬ごとに 僕たちを生まれ変わらせている想像してたよりも きっといろんな自分に出会える無限にまだ輝ける 信じて行こうよ 過ぎてきた日々も 終わることは
いつか見てた 夢の続きはきっと夢じゃなくて 現実(リアル)にするから涙よりも笑顔で トビラ開こうこの場所が 旅立ちのstation 友達と交わした あの日の約束今の僕に送る 最高のエール 変わらない 想い持って未来へとそっと送るよ目の前には 輝く景色が shining いつか見てた 夢の続きはきっと夢じゃなくて 現実(リアル)にするから涙よりも 笑顔でトビラ開こうこの場所が 旅立ちのstationいつも
夢はいつだって叶えるためにあるって笑った私はどこへ消えたの? 次から次へと 現実はやって来るすべてが思い通りにはいくわけないけど 想像した未来を 探しながら一歩ずつ選んだ道が 自分らしい SPEEDWAYもがくたび何度でも 生まれ変わる人だけ描いてたその先へ行ける 勝ち進むだけじゃ絶対わからないでしょう自分の弱さを知れば恐くない 報われない夜 そこには意味があるあきらめない限り終わりなんて来ないから 想像した
飛び越えたい自分の限界もっとチャンスをつかむのさファッションもキメてI’m ヒッチハイカーできもしないと大人は笑うけど飛べたとき怖いんだろそれが未来だね 誰もがこんな夜 超えてくもんなのかな泣きたくて笑いだす 限界きてる立ち止まっていたら私じゃないでしょgirls talkでのんびりしたいって思うけれど 欲しいものは無茶なスピード出しまくって走ってる負けるもんか 飛ばせ今こそ 決して振り向かない
解き放ったパズルのように 有るべき場所探していた願うだけの夢だなんて 何も満たさない 誰のために歩くのだろう 何のために進むのだろう僕たちには迷いの中 答えはひとつじゃない 誰もが背負うキズも痛みも きっと手を伸ばす瞬間 強さに変わる カラダから舞い上がる fateココロには刻む記憶を確かめて僕らの意味を知る「ココニイル」 憧れた光の中 背中には翼求めてまだ眠る明日(あした)に手を触れたその先の未来まで 沈黙
これまでの自分がどんな 不完全だったかあなたに出会ってはじめて 気が付いたあの夜(fall in love)悲しい恋に傷ついて 慎重になってるあなたの繊細なとこも 守ってあげたいよ(it’s my dream) 偶然の出会いなのか 運命の出会いなのかそれはこれからの2人次第でしょ Get your Loveこの手を掴んで 強く 未来はそこから始まる傷ついた(your heart)過去ならば(my heart
ごめんと つぶやいてにじんでく瞳をそらさないで さよなら 信じたくないから嘘だと笑って ねぇ いつものように You broke my heart 遠くなる背中が涙で かすんでいるのYou broke my heart 想い出に(So many ways)変わってゆく Valentine’s Day 未来へ続く道いつまでも一緒にいたかったなぁ… 悲しみを乗り越えられたら痛みもいつかは星になるの? You broke
I don’t wanna lose my love いつも言い訳うまく並べてどんなことも許されてる だけど今度は ちょっとそうはさせない彼を狙う 風のウワサ Beat up 彼女にはKick out 負けないわ She’s like a teenage queen欲しいものは何でも 手に入れてくでも彼だけは 渡さないからI don’t wanna
愛する君に会って すべてが輝いてく星のない雨の夜も君を想うこのとき 心は強くなる昨日までの私じゃない恋するpower明日(あす)へのpower 君を見かけたのは同じ駅に向かう春の帰り道(just I thinking of only you)スローモーションみたいに横顔が焼き付いて忘れられなくて あの日から何をしても何を見ても君を探してるよこの気持ちを 伝えたい すぐにも ホントの君を知って私を知って欲しい笑顔
君がくれた 靴をはいていたかかと鳴らす 雨上がりの駐車場チケットも約束も無くて汚れるのも 気にせず歩いたねライヴァル涙は見せない 強がり自慢だった失くした恋よりも 胸に焼きついてるいじけ顔のフォトグラフが 手を振る19 GROWING UP ひとりで戸惑う夜は借りたままの腕時計 動かせば19 GROWING UP君の笑顔 とぎれとぎれ私まで聞こえるGROWING UP 盗み出した彼にも秘密の女同士 少しヤバイ計
この空のどこか 君もまた同じ気持ちでいる気がしてる二人で分けた さよならは 今でもきっと その手の中 何事もなかった顔で吸い込まれて行く改札新しい朝の代わりに君との日々が遠くなる 例えば記憶なんて もぅ私の中だけ余りにも危ういから 言葉を尽くしても置き換えられない 僕たちのすべて 口にしないほど 君の事 この心の中で大きくなる何ひとつ変わらないまま 君のいない季節がまためぐる たった一言の意味さえも違う景