ああ 夢を見ていたよ君が笑ってた テーブルの向こうああ 昔 よく行った 部屋の近くの店で 運ばれたままのコーヒー今日は空が青く 遠い こんな日が来るとは思わずに二人 笑い合い 話したこみあげる思いが 揺れる ああ 君と一度だけ歩いた公園 ここから見えるよああ とても混んでいた 春先の日曜日 いつから心は変わっていつから思い出に なるの 目の前をゆく恋人たちがちょっと まぶしげに ゆくからやさしく目を閉じた 終