背水の陣 心にしいて東京駅のホームに立つ迎えが来なきゃ 動けなかった田舎者の私です残り少ない人生を明日に賭けて 子と共にやり直せない冒険をしたやり直せない冒険をした 足を下ろした 住み込み先情味豊かな 浅草でした東も西も 解らぬまま強がっていた私です仲見世通り 目を見張り歌で聞いてた 隅田川夢よひらけと 川面見つめる夢よひらけと 川面見つめる 誰もが思う 年をとったらきれいな空気と 嘘のない田舎に帰り
霧につつまれた恋 あなたは何処へ消えた愛という名の運命 時を止めたままで今もこの掌に残る 白い素肌の薔薇のような 香りとぬくもり あなたしか抱いたりはできない帰れもう一度 僕の僕の僕の胸にたとえ禁じられた 悲しい恋でも帰れもう一度 霧の霧の 霧の中へ愛にその身投げて くれるのならば 霧につつまれた恋 あなたは何処へ消えた過去という名の駅舎で ひとり涙浮かべ今も別れの場面 秋の終わりに冷えた身体 寄せ合い泣いてた追憶がいつまでも
あなたと行った あの日の旅はささいなことで 行き違い譲り合ったら 済むことなのに片意地張って途中下車 あれから月日は 流れたけれどいつまでも残っているだろか愛と言う名の落とし物夢と言う名の忘れ物あの日の目印 磐梯山郡山発 磐越西線 気付いてみれば 失くしたものはかけがえのない ものばかり想い出すたび 悔いだけ残る若さの罪か青春は あの日の続きが 叶うのならばもいちどこの手に戻したい愛と言う名の落とし物夢
明日 私は旅に出ますあなたの知らないひとと二人でいつか あなたと行くはずだった春まだ浅い 信濃路へ 行く先々で 想い出すのはあなたのことだとわかっていますそのさびしさが きっと私を変えてくれると思いたいのです さよならは いつまでたってもとても言えそうにありません私にとって あなたは今もまぶしいひとつの青春なんです8時ちょうどの あずさ2号で私は 私は あなたから旅立ちます 都会のすみで あなたを待って
季節がかわるごとに 街がうつす横顔はひと色足りない都会の 虹のようです六日もめくれぬ 日めくりが私の心をせきたてて出逢いと同じ ときめきくれました限りなく美しく 限りなく優しい限りなく限りなく 素直な女にかえる秋 季節は急ぎ足で 枯葉落す昼下りひと色足りない 都会の花のようですこの世で一番不幸なのは 忘れられてしまうことですふるえる指先 あなたにからませる限りなく美しく 限りなく優しい限りなく限りなく 素直な女にかえる秋限
風が吹けば花が散り花は枯れて流れに水ははるか海にそそぎあなたの船をたずねる暗い海をただよえば船はとうにはなれて遠い過去の花の色も今では思い出せない思えばあの頃には 人は誰も笑い転げ私も愛する夢 うすい胸に描いた 枯れた花はもう二度と元の枝で咲かないだけど風は今日も吹いてどこかの花を散らせる人はいつも花のように風のままに流され時に夢や愛も枯れて心の唄も忘れる季節がいくつか過ぎ 人は移り町は変り私も愛す
受話器を持つ手が震え…… 震えてソファに落ちるあなたの声を聞きたいけれどできない もうさよならしたから…… 誰もいない部屋の窓ガラスに映った私の姿よ笑って Woo I love you so恋は悲劇のヒロインなのWon’t go back to the former nightはかない男と女Won’t go back to
地下鉄をぬければ 街はセピア色人ごみの中見つけた 角の喫茶店信号待ちで突然 突然の風よろめく体 揺らぐ心ふとあなたが甦る忘れなくてはいけない あなたの事思い出してはいけない あなたの事今、私には逢いに行く人がいます今、私を待っている人がいますこの秋 この秋 私が嫁ぐ人 あなたが去って あれから2年目と目が合う度に 煙草くゆらすあなたの陽に焼けた顔 眩しく見えましたあなたが残した 愛のせつなさ今日で 
恋にやぶれて独り歩く帰り道ゆがむ街路樹 見慣れているはずなのに すでに思い出 胸を刺すように蘇るさっき傷ついた 別れのセリフさえも全て まるで追い打ちかけるように 突然雨が僕を襲うよりによってこんな日に限り 予報どうりさヒニクだね 今日は雨の中 雨の中 濡れながら歩くのさ独りきり 独りきり 折りたたみ傘も広げずに 二人いる頃いつも 晴れ男 晴れ女何をするでも なんとなくうまくいってたね お前が好きでよく聞か
小雨が舗道 濡らしてる私の心も 濡らすあなたのなにげない しぐさでわかるわ 別れが近いことこんな時には メローな夜とお酒が あればいいグラスの中の氷あなたの心のよういつかは溶けてなくなるのね はじめから わかっていたわいつかは 別れが来るとけれど こんなにも早く静かに やってくるなんてこんな時には メローな夜と唄が あればいいみつめあう 目と目が互いの心を探る別れの言葉探している こんな時には メロー
アメリカ橋って知ってますか目黒と恵比寿の間にある下を山手線轟々走る鉄で出来た青い橋あなたが教えてくれたのねあの橋の名前とわけをそしてそれが私たちの最後の思い出になりました二人で暮らすことにやっと慣れたのは気圧配置も秋いわし雲が窓に見えてた アメリカ橋は残るでしょう私が東京を離れてもそしてあなたを思い出すとき山手線の音がする最終電車の窓にあなたの顔がいくつも浮かんで来てふるえながら消えて行くのよ うらん
悲しみに陽が当れば銀色に山が輝きはじめる淋しさを踏みしめればさくさくと雪が音を立てます 生きてゆくことは 何本もの分かれ道雪に落とした手袋は鮮やかいろの さよならのようさ君を追って駆け出すように白い馬描き出して山が光る白馬山麓凍てつく胸に短い夢のつづきがよぎる たそがれに身をさらせば山小屋に遠くあかりがともるよ泣き笑いくりかえして誰かが 今日もそっと生きてる 青春の日々は気がつかない落し物なくしちまった
午前0時の BAY SIDE STREET 独りハンドル握る君の面影抱いて 何処まで走るよ カーラジオからケニー・G 泣いているよなサクスホーン君に伝わるだろうか 都会に響いて 二人行くはずだった夢を重ねたニューヨーク 思いを寄せる 愛はいつか涙色の雨に変わるよ遠い空 君は独り 何を 何を 見つけるだろう 静けさの中に AIRPORT 朝やけ僕を照らす愛と夢のはざまで 揺れ動く……心が 今頃 君は独り 人混みにまぎ
判ったようなセリフで このままじゃダメと運命にいつも逆らってる横顔 今なら間に合う 昨日に戻れるさ後悔にいつか抱きしめられる日がくる ドキドキしたいそんな年頃愛と恋の区別を そんなに知りたいなら ここからは愛する悲劇へと恋しているだけの君が悲しいから少しだけ危険になりたいと思っているのなら止めたほうがいい こわれそうにこの胸がいつも痛むけどこのままでいいとどこかで思ってたはず それさえ忘れて追いかけるまぼろ
時は流れて 何もなかったように街は眠り心も移り 夜が明けても帰らないあの時 動きだす人 歩き続けけだるい感じ あやしい感じ すべてを忘れようと 会いたい 会いたい 会いたい 君にどうしようもない孤独 冷たい 冷たい 冷たい 視線やるせない仕草 It’s no use cryin’ over spilt milk! 君は言ってた あなたに会えばすべて忘れさせる曇った窓に 二人の名前書いては消したあ
バスを降りれば からまつ林日除けのおりた 白いレストラン秋の避暑地で 出会うひとはみななぜか 目を 目を伏せてなぜか 目を 伏せ歩きます コスモスの花は 今でも咲いていますかあの日の二人をまだあなたは覚えてますか愛されなくても 最後までのぞみを捨てずに いたかった 右は越後へ行く 北の道左は木曽まで行く 中仙道続いてる コスモスの道が あなたに賭けた ひとつの季節優しい日々は 帰らないけれど愛の想い出 
誰よりも大事な人だから、君傷つく心 抱きしめたい 呼び出してごめんと震えるほどに小さな肩が 愛しくて これ以上、これ以上 やさしくしないで欲しいと中指、涙 隠した oh yeah… 知らず知らずの恋から いつの間に脱け出した現実に怯えてちゃ 生きてゆけないとぎれとぎれの勇気を つないでる今の君誰だって 愛したい…… 失恋はやがて大きなきらめき運んでくれる 君のもと 目の前の紅茶を飲み干したなら二人並んで散歩