特別なモノなんてこの手にはないけど Let it beやるしかないのさ才能や技術が足りないからこその Can do it努力ってモンだろう? 思わず諦めかけてもまだまだだって気がするのさ 胸を張って言えるのはただ好きという気持ちだけど それこそが大事なのさ今、息を吹き込むマウスピースの向こうにはホラ 可能性がある背伸びしてもしょうがない 見た目通り“フツー”だが…別に大丈夫気にしないささあ旅に出よう!同じ未来を願