七つの日 – 熊谷育美

閉ざした記憶 手繰り寄せた
忘れはしない 束の間の夢
千切れた羽根を 指先へと
巻きつけながら 別れを惜しんだ

僕たちは蝉のように 七つの日数えたね
僕たちは蝉のように 尽きるまで鳴いた

君の視線を逸らしたくて
窓越しのまま太陽へ向けた

僕たちは蝉のように 七つの日数えたね
僕たちは蝉のように 最期を知りながら

運命が逆立ちしたら
生まれ変われる日に
巡り合おうね
探し合おうね
必ずまた何処かで

僕たちは蝉のように 七つの日数えたね
僕たちは蝉のように 見つめ合いながら

僕たちは蝉のように 七つの日数えたね
僕たちは蝉のように 絶えるその瞬間まで

眠りについた 君の寝顔に
そっと触れても くちづけしても