遠い記憶が胸の奥を彷徨っても想いは消えない…ここに灯ってる探していたのは誰かなんて解らないままに求め歩いたの風の想い出が仄かに揺らめく時…見つけたそう、あなたを待っていたわきっと私が生まれた意味なの離れない…このままたとえ、命を差し出しても構わない心は綾なす火のように愛の言葉を私はまだ知らないけど想いは消えない…ここに灯るわずっと、いつも…きっと