三峯四季の歌 — 演歌姫さくら

秩父奥山春風に
残雪解けて花芽吹き
妙法白岩雲取の
連なる高峰雲海に
神おわします三峯よ

夏は青山(せいざん)麗しく
命の息吹き賑やかに
満点きらめく天の川
神話の星も道しるべ
まほろばの山三峯よ

秋の大滝中津川
もみじ湖染める紅葉筏(はないかだ)
別れを惜しむか煌々(こうこう)と
名月冴えて十三夜
げに美しき三峯よ

冬は万物眠るとも
重忠杉(しげただすぎ)はようこそと
善男善女迎えます
清(すが)しき祈り木霊(こだま)する
ありがたきかな三峯よ