和音で色めいた夜迷い込めば 鮮やかに旋律はやけに甘く瞳の中で 響くよ 見せかけのままじゃこの唄は奏でられないピアノを叩いた弦月の下で 光はいつも かはらぬものをこゝろの深くへ いざなうこゑ散りばめた音色 繋げて移ろう季節をしたためてもこゝろの何処かが 縺れているだからきみのこと 知りたい未だ見ぬメヌエット ヴァイオリンの呟きを空の縁に 重ねたら憂う横顔が隠す秘密はあとどのくらい 夜半の月ならばため息で隠れ
和音で色めいた夜迷い込めば 鮮やかに旋律はやけに甘く瞳の中で 響くよ 見せかけのままじゃこの唄は奏でられないピアノを叩いた弦月(ゆみはり)の下で 光はいつも かはらぬものをこゝろの深くへ いざなうこゑ散りばめた音色 繋げて移ろう季節をしたためてもこゝろの何処かが 縺れているだからきみのこと 知りたい未だ見ぬメヌエット