篝火の未来(あした)か 不安など吹き消せ青墨の闇に 見つけた光よ 波紋の過去(きのう)だね 裏切り投げ込み消え去る孤独を 包んだ光よ お前の まぶしさ綺麗な 君だね見上げた夜空に ああ 翳りなき宝石 そうさ あの満月はそう 美しき真珠さすぐそばで守りたいんだ 貝殻の両手で そして あの満月はもう 届かない真珠だねただ遠く見守るから寄せてまた返す 波の想いよ… 揺るぎなき剣なら 絶望を切り裂け運命を選んで お