吹き抜けてゆく 一陣の風この胸の荒野よ栄華の時代(とき)は 一睡(いっすい)の夢太陽も燃え尽きる どこへ行こうと 道のなき道生きるという旅よどんな時にも 嘘のなき意思頂上に突き進め ただ 強く強くなりたい誰よりも 強くなりたい葛藤で 意地で 誇りで 魂を磨いて さあ稲妻となれ 熱い剣をかざし希望と呼べる 光を放ちあらゆる闇を 切り裂け 瑠璃稲妻となれ 夢を叶えてゆけ復讐の影 執着の理由(わけ)内なる闇も