碧に染めてゆくだけ – 湯木慧

何にもない 日々の中 なんとなく 目を開ける
ひどくなる ひどくなる

何にもない 日々の中 なんとなく 目を開ける
ひどくなる ひどくなる 静寂が うるさい

大きく輝く目を開けて
描いた夢はほらまだ終わらない

憂いをもって 言葉被って
塗り重ねられた今何色だろう
枯れた思いも 霞んだ空も
超えて明日を 碧に染めてゆくだけ

何にもない心の中 なんとなく歌を歌う
ひどくなる ひどくなる 想像が うるさい

代わる代わる周りに飲まれ
足縺れる日々でも まだまだ止まらない

正しさだって 嫌いになって
塗り重ねられた今何色だろう
苦しくなった 醜さだって
超えて明日を 碧に染めてゆくだけ

きっとどこまでもゆくよ どんなに遠くてもいいよ
大きく有り余る衝動の元へ

塗り重なって 見えなくなった
遠い過去の自分を探さないで
幾年経って 大人になったとしても 今を

正しさだって 嫌いになって
塗り重ねられた 今何色だろう
苦しくなった 醜さだって
超えて明日を 碧に染めてゆくだけ