一匹狼 – 湯木慧

今、立ち上がる為の“音楽”持ってさ
僕はただ唄う、僕はただ唄うの
本当は一人で居たくないから
僕はただ唄う、僕はただ唄うのだろう

一つ、残らず、集めた、不安が
ひとりでに、動き出して、襲いくる
一つ、残らず、集めた、孤独が
ひとりでに、僕の首を、締め付ける

伝えたい言葉もままならず
頭だけが先に走り出す

今、立ち上がる為の“音楽”持ってさ
僕はただ唄う、僕はただ唄うの
本当は一人で居たくないから
僕はただ唄う、僕はただ唄うのだろう

言いたい事も言えず YES で過ぎる
1日がやけに長く感じる
変わりたいと願い続けては過ぎる
動かぬ未来と自分

願うだけじゃダメと知ってるから
向かうべき場所が分かってるなら

今、立ち上がる事が恐くなっても
僕はただ、生きる。僕はただ、生きるよ
本当は、もう、分かってたんだろう
僕は僕のままで、君は君のままで

今、立ち向かう為の“音楽”持ってさ
僕はただ、唄う。君もただ、唄うの
永遠はどこにも無いというから
僕は今、唄う
君も今、唄うのだろう