黄昏に心が 傷ついたら追憶(おもいで)呼び寄せ 子供の頃へ瞳(め)を閉じて時間を 巻きもどせば悲しみそれさえ 眠りにつくはず今日も愛する人と 肩をよせ合い微笑みかける そんなぬくもりがきっとささやかだけど 倖(しあわ)せだけを感じ合えるからこの手を重ねれば 心を重ねれば 黄昏は寂しさ 運ぶけれど心の窓辺(まど)から 逃がしてやれば悲しみの迷子も 家路急ぎまた逢う明日(あした)の 用意をするはず今日も