男の夢囃子 – 渡辺要

桜吹雪が 舞い踊(と)ぶ門出
どでかい大志(ゆめ)を 咲かせてやると
花の東京(みやこ)へ 度胸旅
苦労三昧 受けて立つ
汗吹く試練は 人生囃子
所詮男は 祭りだよ

恋の一つも 拾ってみたが
お涙酒は 真平御免(まっぴらごめん)
きれいさっぱり 清め酒
親父ゆずりの 男気で
天下を取る気の 血潮が滾(たぎ)る
所詮男は 祭りだよ

人の一生 瞬時の花火
邪魔する奴は 吹き飛ばし
花の東京(みやこ)で ひと暴れ
銭の数より 名を残せ
七色十色(なないろといろ)の 人生囃子
所詮男は 祭りだよ