夢中で走れ! – 渡辺美里

新しいスタジアムが
浮かびあがるように
にじむ都会の空は

夏草のむせる匂い
遠くあの日へと
ほとばしる情熱

少し先の 季節の風が
足元を ふっとさらってく

夢中で走れ! 風を蹴って
ココロの隙間に そっと
滑り込むような
リズムを刻め! もう一度
感じる全てを 今
抱きしめるように

「臆病にならないで」
終わらない夏の
あの歌が 聞こえる

花火のように 夜空を染めて
咲かせたい この願いを

明日へつなげ! 風を受けて
自分のココロに もっと
突き刺さるような
言葉を刻め! もう一度
感じる全てを 今
解き放つように

孤独と引き換えに
手にいれた 自由に
涙が 出るのは 何故…

夢中で走れ! 風を蹴って
ココロの隙間に
そっと 滑り込むような
リズムを刻め! もう一度

真っ赤な炎を
その胸に抱いて
積み重ねた日々を 今
解き放つように