愛しの君が あればこそ生きる希望の あるものをかいなき恋と 知る身には花の都も 曇りがち 女は弱い ものなのになんで冷たい 小夜嵐幼い夢に 住む人も今は悲しい ちぎれ雲 涙は愛の 道標(みちしるべ)耐えて行こうよ 苦しくもこころの霧が 晴れたならやがてほのぼの 太陽(ひ)がのぼる