関東流れ唄 – 渡哲也

風に吹かれて 流されて
ねぐら求めて どこへ行く
追われ追われて 見た流れ星
流れて男を 賭けるのさ
風に吹かれて 流されて
木枯らしの町 はぐれ鳥

極道やくざと そしられて
流れの果ての この命
ひとりで生きて ひとりで死んで
恋も未練も 捨てたのさ
とじた瞼に にじむ灯は
しぐれ降る町 明日はない