待たせるだけで あの日からいくつの季節が 流れたろ夜が寒いと花冷えの肩があまえるめぐり逢い 思えば長い 冬の日も色づきそだてた 夢ひとつ逢いたかったとすがりつくしだれ桜の花あかり あふれる愛を そそぐよ空ければグラスに 充たす酒酔って怨みをこめた目が胸にせつない花の宿 吐息もからむ 襟あしに花びらふたつの こぼれ紅恋に生きたい死にたいとむせぶおぼろ夜雨になる