ハラ・ヒラ・フワリ – 渕上舞

あと何回咲けるのでしょう
掲げた理想は遠くて
夢現[ゆめうつつ] 濁る記憶
ハラ ヒラ フワリ 舞い散る

誰かのために あなたのために
笑ってられました
こうやって私だったものが
空気に染み出していく
交わっていく

「愛してる」の言葉なんて安いもんです
聞き飽きました
思い通りにならない
踏みつけた小石 蹴飛ばして
泣きました
傷つきました
生ぬるい生き方が心地良い
いつか名残りの花 想う

間違いを正したくて
指絡めた約束
泡沫[うたかた]のように消えた
ハラ ヒラ フワリ 舞い散る

頭の中じゃ分かってたことも
終わってから全部言ったって無駄で
どれほど残念なんでしょう
誰かのために あなたのために
後悔しないように
“もう自由だよ”と溢れ出す滴[しずく]
溶け合っていく

「さようなら」の言葉なんて軽いもんです
もう忘れました
予想通り雨上がり
適度な湿度に包[くる]まれて
泣きました
傷つきました
くだらない嘘に塗れた世界
花は知らぬ顔で空を見上げる

千切れそうな雲の隙間
覗く光が空気に染み出していく
交わっていく

「愛してる」の言葉なんて安いもんです
聞き飽きました
思い通りにならない
踏みつけた小石 蹴飛ばして
泣きました
傷つきました
生ぬるい生き方が心地良い
いつか名残りの花 想う