ショウタイムが始まると大胆な展開予想マニュアル通りの会話なんてつまらないんでしょう spiral ビターに溶ける2月14日の夜に祝杯を!そう媚薬入りの蜜手に入れてからが勝負よ撃ち落とせ (shooting chocolate)宣言高らかにバレンタインデーが始まるの(shooting chocolate)エンドレスラブソングBGMに(shooting chocolate)いざ命をかけたバレンタインデーが始まるの
「運命を信じていますか?」って聞かれたら何て答えよう人は見かけによらないんだって驚いたこともあったっけな ハジマリは いつも突然だからね準備は完璧 Let’ s go out today!空を見上げたら“とくん”と胸を揺さぶる光 見つけた…! 僕の声が届かなくても君が隣で叫んでくれたらきっと涙も魔法に変わるもう戻れない 地平線を超えて行こう予測不能な明日 待ってるから 「初恋は実らないものだよ」って言
夕陽が海に溶けてく今日は、よく笑ったね 陽灼けした腕を並べ比べまた ちょっと笑った 海風吹けば生成りのシャツをかけながらさりげなく肩を抱いてくれる 君色夏模様に染まってく誰より特別なふたりになる心の波は 小さなキスでいつも満ちてくこの笑顔、この夕映えも全部写真じゃなく目に焼きつけてたい誰の「イイね」もいらないくらいシアワセでイイのかな?Twilight Blue…… 「一緒に来れてよかった」君が不意につぶや
(let’s in the sunshine!)声上げてLove Summer!(let’s in the sunshine!)wow wow…oh!wow…oh! love sunshine! 大事な日はいつも雨でも今日は違うでしょたまにはハズレてもいいじゃんドキドキ天気予報 片手にはテキーラ・サンライズ!…みたいなオレンジジュース(笑)おっちょこちょいなフリしてつまづいてみたらどうかな? 太陽の
加速する好奇心がのどをつたいFlowing熱い視線に気付いてた くねりあって感じたいの ゼブラ模様のHeart曖昧な返事じゃアゲナイ ウォーターブルーから見上げた夜空の宴が星あかりで手招いてる 未知なる世界へ Dive Into Emotion ミモザにDrunk嘘よ…わぞとよろけたのDive Into Affection 困った顔キミを見てみたくなる At Night マニュアルのルートなんて物足りないでしょ?ぜん
ラ ラララララ ララララ透明なオルゴール鳴らしましょう愛の歌漏れるため息 白く霞む境界線 眺めて耳を澄ましても聞こえないああ 壊れてしまったのね 「明けない夜なんてないんだ」誰が言ったの?信じていいの?後どれくらい待てばいいの?奇跡なんて蜃気楼 ラ ラララララ ララララ永遠(とわ)へ導くように歌いましょう愛の歌まつげ揺らして 空に浮かぶ北極星 輝くいくら響いても届かないああ 眠ってしまったのね 救い求め手を
子供の頃に見た夢 数えきれない「どれもこれも なんだかパッとしない」そんな偉そうな言葉ばかり口をつくのが私の悪いクセだと分かってるよでもね 必死に繕ってきたんだ もっともっともっと簡単でもう一歩踏み出せばもうそこはゴールだと思ってた行き場を探して彷徨い続ける また この青空が見たいから進むの“通れない道はない”信じているよ大嫌いだった場所だって今はもう胸を張って立てるから大丈夫向かい風にだって流されな
I am black cat.I love black cat.I need my owner.and live in order to
なんでこの私がこんな地味な制服着てるの?なんで冷たいおにぎりをぬるいお茶で流しこんでるの? 薔薇をくわえて赤いドレスでセニョールの視線を独り占めしてるそれが私でしょう? バレンシアガールバルからバルヘビノを片手に踊るよ人生はあっという間楽しまなくちゃHola! (オラ!)ガイドブックじゃ物足りない心はすでにFlight!Ole! 部長!有給を使って太陽の国ヘ行きたいんです帰国したあかつきには誰よりバリバ
飛ばされていった帽子追いかけて見上げた空にはまっすぐ伸びた飛行機雲が ほら先回りして捕まえてくれるといいな ぼんやり写った写真ヘタクソね増えてくアルバムのページいつか残したメッセージなんだか恥ずかしくて隠したの ファインダーから覗いた世界はずっと遠くまで広がるファンタジーそんなに急かさないでよ今行くから ふわふわ風に揺れてる綿帽子口笛吹いて飛ばしたたどり着く未来はきっとおひさまに優しく包まれてる アスファ
100年先の未来まで届け―― 俯いたままで祈っていたって失った大切は戻らない傷ついたままで歩いていくの救いは来ないなんて、もう知ってるから 自由を求めることが罪だとしたって構わないわ 100年先の未来まで続く言葉はいくつあるの?欲しいものはたった一つ…純粋で潔い願い抱きしめて叶わないっていう運命なんていらない衝動に身を任せ、魂を解き放って…今 セピアに染まったペ-ジめくって移りゆく記憶だけ巻き戻し哀しんで
青空の反対側で星空が煌めくみたいにどっちも美しい空正しさの裏側も間違いじゃないよね どうして…? 善悪に分けて 争うことでしか答え出せないの? 誰もがそれぞれ 正義の中で正義を見失う完璧な世界はないのに許しあえるから 愛し合えるのRainbow Planetカラフルなんだよ ひとりひとり もしも 心の中モノクロに書き換えられてしまったら… 白と黒に揺れる気持ち 置き去り できないよ 弱さ
今日もまた同じような日差し浴びて あくびした Ah… 目覚ましの時計は まだ鳴らないひとりごとGood morning!Hello?Good bye. 「何を見てたの?」「何を考えてたの?」って言えないよ 知らないよそんなメロディーなんだろう この感じ気にしてもしょうがないからうつむいて 目を閉じて寝てるフリするの…内緒だよ 明日また会えるかなため息つく数増えて hmm… 慣れちゃえば平気だっていうでしょ期待して
通り過ぎてく賑やかな音の中ソーダの泡揺らし足早に向かうの 途中見つけた一番星はやる気持ちを抑えて扉を開けたならそこは秘密の特等席 部屋の窓から見る花火ほら 高く上がるよ小さくて遠いけど こんな近くにいられるの一年に一度の時間 たまらなく好きだからこの手握っててね二人が離れないように 「子どものようにはしゃいだら変わるかな?」心で繰り返すあやふやなジレンマ 飽きるくらいの休みなんていらないから今だけは灯り消
「おはよう」の合図カーテン開けて 差し込む まぶしい光 僕の願いは僕の願いは 目の前の青い空へと飛び込んでみたい あの子のように 「おはよう」の合図カーテン開けて ―――
wow wow wow… 知らない言葉を並べても 伝えたい歌は届かない「前向いて」「ねえ笑って」 もう聞き飽きたの 固く閉ざしたこの鍵をもしも壊してみたなら どうなるの…? 羽ばたけ 白いヒカリ差す方へ目指す場所の地図もないけど 後ろ振り向かないでひとりぼっちだっていい だから輝く景色見せて 君の手 離したらFly High Myway! 戻れないよ 望んだ未来じゃなくたって 幸せ感じられるかな?「寂しい」の声あげ
明け方の冷たい空気足音さえ聞こえなくて ゴミ箱に投げ捨てたのは背伸びした日のピアス 落ちたのは誰かのせいにしたらいい? くちびる噛みしめて蹴り飛ばした壁の跡は まだ消せないよ不安塗りつぶして 新しく描くんだあの群青色の空を 鳴り響く電話のコール出られずにそのまま切れた 伝言ゲームはもう終わりつまらない暇潰し 嘘つきは誰なの?全部聞かせて わざとらしい笑顔で「さよなら」他人事みたいねルールなんて崩してしまえ新しく
不透明に揺れている今日を塗り替えるように泳いでゆくの Why?進むべきと合図が見えたよ向かい風も たとえ嵐でも その先に何があるのかどんな出会いや別れが季節を巡らせてゆくんだろう どこまでも高く青く翔けぬけて心の奥に潜めるレーダーは壊れない想像もつかないくらいの距離さえ旅するMigratory きっと大丈夫上手な飛びかた知っているみたい 群れをなしているのが急に不安になって離れていった Why?ひとりになっ
透明に降りそそぐメロディ喜びを歌うように地をめがけて真っ直ぐな想い告げるよ君がいる それだけでちょっと浮かれてる青空が見えなくても…もう少し止まないでいて お出かけの予定はザンネン君は窓の外を見つめて可愛いため息をひとつ ついて腰を落としたこんな日は話しをきかせて?好きな映画 本のこととかおどけたBGMでも流そう リズム変えながら早くなる足音がああ 僕の心 リンクして 透明に降りそそぐメロディ喜びを歌う
めんどくさいことはカラフルに塗りつぶしちゃえ地味な制服 お茶汲み 満員電車恋をするならビルの街から抜け出して羽を伸ばして調子に乗っちゃって 地球の裏側まで意識を飛ばして本当の自分になるよはじける準備はいいですか!? わたしはアマゾンの空飛ぶ宝石トロピカルガール!トロピカルガール!カムカム アサイー アグアへ アセロラトロピカルガール!トロピカルガール! La la la la la la… グアルーリョ
What a beautiful, beautiful day… イヤなことなんて忘れちゃうSunny day待ちに待ってた日曜日の世界は輝いている 幸せになる一週間 頑張ったご褒美Day もっともっと可愛くなれるかな鏡に魔法をかけたなら Yes! What a Beautiful Sunday青い空が ああ待ってるのSo do it! Do it!
かわいい顔して おねだりLucky*プレゼントお返しにウインク一つあげる マイペースなのが私のCharming*ポイント映画は ありふれたハッピーエンドが好き “苦手なことはしない”それがポリシーとりあえず お昼寝 一度きりの人生だもん迷ったり悩んだり…バカみたいじゃん今すぐ やめちゃえ! 風見鶏が向いた方とは逆に歩いて行く空なんて飛べなくったっていいのとろり溶けたソフトクリーム舐めて「明日から頑張る」な
おどれないふりしてた昨日は少しおしゃれすぎるからね そういってピンクのコートでもありえるくらいここはなんてまぶしいところなの おどらないパーティが今日までずっと普通と思ってたでもなんかまだしらない世界とか、こっちもあっちもそれがなんて楽しみなこれから あたらしい服も着ちゃおういつ着ようか悩むようなわからない曲にものれるここはそうでしょ エヴィバディスコディスコ、今夜は踊らせて普通どおりのいつもじゃなくて
小さな部屋に響く 君の優しい声が聴こえなくなって 過ごした夜数えた あの日の私 冷静なフリをして意外と強がっていただけなんだ今なら言える気がするの 「いかないで 側にいてよ」「寂しいよ ひとりぼっちは」サヨナラするのは分かってたはずなのにね目を背けてた止まらない涙とともに吐き出した言葉を歌う空の向こう側 遠く君のところまでラララ 届きますように… 夕陽の差す窓辺が 君のいつもの場所でお気に入りのバラード
真実(ほんとう)の愛もとめて彷徨ってる訳じゃない埋めてしまいたいだけだよ隙間に風が吹いているMy place… 《Give me your heartI’m inconsistentShall we dance? with my heartYou wanna dance tonight》 Eyes
夜の帳が降りると そこは静かな灯りともす 舞踏会 踊りが苦手な僕は遠慮してただ お月さまと秘密の話 先を急ぐ渡り鳥を眺めてたらふわり 風が頬を撫でた 疲れた翼たたんで宝探しは もう「またあした、またあした。」遠くで さざめくメロディー今日は良い夢 見られるのかな?そうだといいな 甘い香りが 優雅に誘うぼんやり浮かぶ 白い花びら 君への おみやげにして帰ろうかきっと あの窓辺に似合うと思う 眩しいほど瞬く星 眺