男に生まれたら – 清水節子

右にならへの 世の中が
いつしか肌身に 染み付いた
黒と言われりゃ 白も黒
オセロみたいに 返される

刀を捨てた サムライの
行く末がこんなんじゃ 悲しすぎる

男に生まれたら サムライになれ
夢を捨てるなら 腹を切れ
男に生まれたら サムライになれ
情けない弱音を 切り捨てて

硬い地べたに 這いながら
お役所仕事の 尻拭い
うわべばかりの 紙のビル
それが倒れぬ 国なのさ

鍬を掲げた 民(ひと)でさえ
命かけ戦いに 挑んだのに

男に生まれたら サムライになれ
酒に溺れたら 腹を切れ
男に生まれたら サムライになれ
錆びついた刃を 研ぎ澄まし

男に生まれたら サムライになれ
夢を捨てるなら 腹を切れ
男に生まれたら サムライになれ
情けない弱音を 切り捨てて