ねェ 眠れない夜が来てまたあなたを想ってる あー 蒼白い窓を開け空にまだ消え残る星を見上げる あなたに おやすみを赤いリボンをほどいて 遠くから叱ってね誰にも見せない気弱な私を いつまでも好きだからあなたのせいならばせつなくて せつなくて いい ねェ まだ細いこの腕であなた抱きしめる日が来るのでしょうか も一度逢えたならきっと泣きだしてしまう 制服の胸にある遥かな瞳をしたあなたの横顔 そのままで好きだけどもっとあ
Boy! 女心をまるでわかっちゃいない24時間体制の恋心を 手抜きの“贈り物”で埋めちゃうなんてそれよりも 何よりも愛のこもったケンカをする方がよほどマシだわ NO NO 24 Crush 黄色い危険信号 点滅してるNO NO 24 Crush 今でもあなたが好きだから がっかりさせないで! Boy! 男はshyで無口な方がいい ともう スノップな会話 求めてる場合じゃない うわべだけの愛なんて欲しくはない週末に二人