散っても咲いても花は花命まるごと あんたにあげる泣かんとこ 泣かんとこ しあわせ逃げる雨の屋台のぐい飲み酒が三三九度(さんさんくど)です ねえ あんた 昔は昔よ いまはいまこころ傷なら そのうち消えるえやないか えやないか あんたが笑う痩せた女の 遅れた春が笑顔で咲きます ねえ あんた 恋しい男の 背にすがり命まるごと