うつろ – 深居優治

意味の無いものを探しすぎて
移ろう僕は意味にまみれた世界で

あなたを探すだけなら
容易いことだと笑った。
もう全て見たつもりでいた
描いたあなたは虚、移ろう。

戻れはしないの、肥大する記憶は
あなたを薄めてきれいにしてゆく。
僕らが欲しいのは正解じゃなくて
忘れるということが抱えた
免罪符だろう。

通り過ぎたらもう
全て同じ色に染まるけど
あなただけは
僕を忘れても、ここに
居て欲しいんだ。
居て欲しいんだ、ここに。

意味の在るものを探しすぎて
移ろう僕と意味を忘れた世界で

あなたを探しているの
錆びた記憶を頼りにして。
全てが移ろう世界で
僕の知らないあなたを探す。
あなたを探しているの
変わらないものは僕の中に。
全てが虚な世界で
僕の中はあなたで満ちている。