眩しい景色は空に預け俯くその背に触れる陽だまり 本当は 知っている心から 微笑(わら)えること 今なら聞こえるか?心に在る声はいつでも有りの儘 そこに生きてると… 強がるその目は いつもふいに景色を揺らして 何を見ている? 責めている 閉ざしてる心なら そっと開け 全てを感じたらその身を包む風世界の陽の中に きっと観えるから いつでも心は陽だまり 今ならわかるだろうその身を包む風世界の陽の中に きっと観えるだろ