The Origin of Love – 浦井健治

地球がまだ平らだった頃
雲は炎でできて 山は高く
地上では人間たちが
大きな樽のようにごろごろ転がり
4本の腕と脚とそして
一つの頭に顔が二つで
幸せに過ごしてた
Mm… The origin of love
The origin of love

3つのかたちの人間たち
男と男は太陽の子ども
女と女は地球の子ども
背中合わせ寄り添う
そっと輝く 月の子と呼ばれた
娘で息子の子ども
Mm… The origin of love

神様たちびびって 雷に命令した
人間たちを皆殺しにしてしまえと
残酷に
稲妻のハサミ光らせて 笑いながら言った
俺に任せろ
ヤツらをばらばらにしてやるのさ
刃向かえないように 力を奪って
真ん中で まっぷたつに 肉を引き裂く

嵐がいま 雲をあつめ火の玉になる
鋭い稲妻をその手に光らせて 神様たちが
太陽の子地球の子そして月の子の
体を二つに引き裂く
激しい風と雨に流されながら
人間たちは ただちりぢり 運ばれてゆく
もし神様に
また逆らえば また切られて
今度は1本足の1つ目にされて
飛び跳ねるだけ

最後のことを覚えてる
アタシたちが切り裂かれたとき
血まみれになって
あなたはアタシ
アタシはあなたをただ見ていた
悲しみを抱きしめ
ばらばらにされた運命のカタワレを
Oh 求めあうこの魂の痛み それが愛
だから抱きあって
二人がまた一つに戻るためのメイクラブ

昔々の悲しいお話
なぜ私たちが
2本足の寂しい生き物なのか
なぜ愛が生まれたか
そんなお話
Oh yeah…
The origin of love
The origin of love
The origin of love