星から降る金 – 浦井健治

年老いた王様 この世を嘆き
門を閉じ 塀を高く築いた
王子様に言い聞かせたの
「ここより他に良い国はない」と
夜の森で 憧れの精が 王子に囁く
「旅立て」と

夜空の星から降る
金を探しに 知らない国へ
なりたいものになるため
星からの金を求め
一人旅に出るのよ

「道は険しい」と王様は言った
「この城にともに留まるのだ
お前を守るため 城を閉ざした」
王様は息子を愛していた
憧れの精は もう一度王子に告げた
「旅立て」と

夜空の星から降る
金を探しに 世界の果てヘ
望むように生きるなら
星からの金を求め
一人旅に出るのよ

愛とは 解き放つことよ
愛とは 離れてあげること
自分の幸せのためでなく
涙こらえ 伝えよう

夜空の星から降る
金を探しに 知らない国へ
なりたいものになるため
星からの金を求め
一人旅に出てゆくのよ
険しい道を超えて
旅に出る