ゲームの始まり – 浦井健治

怒りこそ心を映す鏡だ
理屈など空虚な言葉遊びさ
お前が振りかざす その理想は
偽りの十字架だ

おそらくその目には何も見えない
物事の上辺を軽くなぞって
すべて理解できたと思い上がり
救世主 気取るなら

目障りだから 遊んでやろうか
相手に影を踏まれた方が死ぬ
ゲームだ

壮大な理想を掲げながら
命を弄び はしゃいでいる
恐れを投げ捨てた愚か者よ
地獄を見せてやろう

幾千万のデータを操り
この世のルール 思い知らせてやる
際どい勝負 見えない駆け引き
これはゲームだ サイは投げられた
始めよう