walking proud – 浜崎あゆみ

私の唇がひとつ 嘘をついた
それは些細な理由からで
誰の為でもなく
ただ愚かな自分を
守る為だったんだろう

気が付いた頃には数え切れぬ嘘に
囲まれて動けなくなってた なすすべもなく

見上げた空 綺麗でした
君の事を想いました
君のように強く前を向いて
歩いて行けたらと

そんな道の途中 現実から逃げた
あらゆる痛みからも逃げた
今はこんなだけど
いつか理想通りの
自分になるのだからと

言い訳した後で いい加減目覚めた
出来る事は現在を生き抜く事だけだった

こんな声は 届きますか
君の胸へ 響きますか
君の背を生きる道しるべに
今日も歩いてます

見上げた空 綺麗でした
君の事を想いました
君のように強く前を向いて
歩いて行けたらと

こんな声は 届きますか
君の胸へ 響きますか
君の背を生きる道しるべに
今日も歩いてます