あの白い風が胸を吹き抜ける泣き出しそうな顔して出会いと別れ 愛しい君よ汚れてく僕を笑え 子供の頃に 夢中で探した愛情っていう名の夢傷つけあって 傷つけられて心に雨が降った SAKURA 咲くあの道を僕らは歩いているSAKURA 咲き舞う夢 恋しくてfuwafuwa furaufura 彷徨って魂が枯れ果てるまで 終わらない鮮やかなFLOWER 永遠なんて 意外ともろく音をたてて崩れたしょっぱい涙 君が舐め