風は恋風 舫(もやい)を解いて湾(うみ)に浮かべる 櫓櫂舟(ろかいぶね)可(かわ)愛いあの娘(こ)の 面影が端島(はしま)遠島(としま)に 見えかくれエンヤドット エンヤドットせめて聴かそか 斎太郎(さいたら)節を 松島の サーヨー 瑞巌寺(ずいがんじ)程の寺も無い トーエー 波の背の背に 育った俺は陸(おか)に上がれば 石地蔵松は松でも 伴侶(つれ)を待つ三年(みとせ)四年(よとせ)は 長すぎるエン
あの日から その日から歌を忘れた 男たち口は裂けても この一件は身内なれども 話せない逢いたかったなぁ…四十七士が いのちをかけて守る忠義の こころざし 唄いたい 唄えない歌を忘れた 男たち頬に降る雨 蛇の目の傘で白い希望の 雪になる逢いたかったなぁ…浮かれ浮き様 手の鳴る方へ壁と障子に 戯れ芝居 まぼろしか 夢なのか歌を忘れた 男たち我慢・辛抱は 忠臣蔵の夢を支える 芯ばしら逢いたかったなぁ…闇をけ
はあ~あゝ…チョイト出ました 三角野郎が四角四画の この場を借りて音頭とるとは お畏れながら国の訛りや ことばの違い許しなされば 文句にかかるおおいさね はあ~あゝ…親に貰った 五尺の体伊達や酔狂で 言うのじゃないが男 忠治の いのちの歌を声と三味の音 力の限り届けまするで お聞きのほどをおおいさね はあ~あゝ…俺に任せろ 日本の未来(あす)は怖いものなし 三角野郎がここにお見えの 皆々様の永遠の幸せ
(デ・アー・エク・アー・エッテ・アー・エー・ルンルデ・アー・エク・アー・エッテ・アー・エー・ルンル) トナリに いる (チャンス チャンス)ウシロに いる (チャンス チャンス)メノマエニ いる ミツケて ここ (ドッコィ ドッコィ)サガシて ここ (ドッコィ ドッコィ)ツカマエて ここ めぐり逢いには理屈はいらぬ笑顔のひとつもあればいい… (デ・アー・エク・アー・エッテ・アー・エー・ルンルデ・アー・エク
沖に見えるは いかとり舟かさぞや寒かろよ冷たかろ ヨーイヨイ今朝も早よから この浜づたいねんねこ寝るまでよ守仕事 ヨーイヨイ なんぼ泣いても 千鳥にゃなれぬ紅い夕陽のよべべほしや ヨーイヨイ母(かか)は三年 父(とと)さは五年とられてしもたでよ叶わぬよ ヨーイヨイ 今日も無口な いかとり舟を見ればなみだのよ雨が降る ヨーイヨイ耳に残るは 浜風ばかりねんねこ寝るまでよ守仕事 ヨーイヨイねんねこ寝るまでよ
男は生きて いるうちに三度背中で 泣くというそこからきたのか 三度笠泪かくすにゃ 丁度いい赤城しぐれが 降る中を何処へ流れる強い忠治が 泣いている ぺんぺん草は 三味線のなれの果てだと 苦笑い眉月恋しや 里灯り義理と人情の 振り分けを抱いて侘しい 草まくら何を夢見る強い忠治が 泣いている あしたがあると 思うから今日を粗末に するんだよてんてん流転の 旅がらす強い見方の だんびらも腕が錆びたら ただの
(ウカラス ウカラス)(ウカラス ウカラス) 夢をまことに まことを夢に人生なんて ラリルレロゴウカクマルカク すぐそこに私は ゼツタイ 受かります (ウカラス ウカラス)(ウカラス ウカラス)